相良刺繍

相良刺繍の発祥は、蘇州刺繍で有名な江蘇省の都市「蘇州」と言われており、その始まりは中国の漢の時代から行われていたといわれています。実際に日本で行われ始めたのは、奈良時代で、仏像の羅髪(らほつ=巻き毛)の部分に使用されたのが始まりです。

 

 

相良刺繍は撚糸(より合わせた糸)を使用します。縫い込む際に1針ずつ生地の表面で玉結びを作り、結び目を密集させることで立体感のある柄を作ります。
一粒ずつ結び目を作り刺繍を施すことから、中国3大刺繍の中で最も丈夫な刺繍として知られています。また他の刺繍と違い光沢感がなく落ち着いた仕上がりになるため、上品で人気の刺繍技法です。

相良刺繍着物

糸を玉止めすることで立体感を生み出しているため、柄が浮き上がっているような風合いになります。

光沢感がない分、落ち着いた雰囲気で着用することができ、上品な着物となります。

また、柄とお顔が喧嘩することなく引き立って見えるため、着姿はもちろんのこと、写真写りもばっちりです。

他の刺繍に比べて刺繍加工に時間がかかるため、全体の生産数が少なくなっています。また、生地が丈夫でなければきれいに刺繍を行うことが難しいため、相良刺繍の着物を見かけることは多くありません。相良刺繍職人も減少しており、今後、生産数は減っていく見込みです。当然、値段も高価になっていきます。

1つずつ結んでおり、刺繍部分が丈夫なことが特徴で、帯の刺繍加工としては理想的な刺繍です。

柄や色などによって、フォーマルからカジュアルまで使用することができ、重宝する刺繍着物となります。

相良刺繍のまとめ

  •  3大刺繍の中で最も強い刺繍技法
  • より糸を使用するため光沢がなく、上品且つ豪華な風合いに
  • 1針1針同じ大きさの玉結びを行い、同じ方向を向いた結び目を作るのは熟練した職人の技術が必要
  • 立体感があり、模様が浮き上がって見えるため、写真写りが良い

他の刺繍技法