刺子刺繍

刺子刺繍は日本の東北地方で生み出された刺繍技法で、庶民が生活する上で使用していた実用的な刺繍技法のひとつです。

刺子刺繍の歴史は江戸時代にさかのぼります。享保9年(1724年)に出された「農家倹約分限令」によって贅沢が禁じられていた農民は木綿の着物を着ることができず、麻でできた着物を着て農作業を行っていました。しかし、場所は寒さがきつい東北地方。目の粗い着物では寒いため、布を重ね合わせて麻糸で細かな刺繍を施しました。刺繍は着物(野良着)の強度を上げ、保温性を高めることができたといいます。

やがて、刺子刺繍の入った着物は「良いもの」とされ、嫁入り道具として娘時代に製作した野良着が扱われていたとも言われています。

 

刺子刺繍には「三大刺し子」と呼ばれる、津軽の「こぎん刺し」、青森南部の「菱刺し」、秋田の「庄内刺し子」の3つの種類があります。

「津軽こぎん刺し」は「刺しこぎん」とも呼ばれ、野良着のことを津軽では「こぎん(小衣、小巾、小布)」と呼んでいたため、この名前が付いたと言われています。一般に藍染の麻布に白い木綿糸で刺繍をし、縦の織り目に対して奇数の目(1. 3. 5. 7)を数えて刺します。そのため、模様を「もどこ」と呼ばれる単位で呼ばれ、柄は(南部こぎんに対して)縦長になることが特徴です。津軽こぎんの中にも地域によって柄に特徴があり、「三縞こぎん」、「東こぎん」、「西こぎん」といった種類があります。

青森南部の「菱刺し」は津軽こぎんと違い、偶数の目(2. 4. 6. 8)で構成されています。そのため、縦横の目の比率が1:2となり、柄が横長くなることが特徴的です。曲線や丸みを帯びた柄が多く、様々な柄(モチーフ)が描かれていました。

「庄内刺子」は名前の通り、秋田県の庄内地方に伝わる刺繍技法です。上記の2つの刺繍に比べてとても細かい針目が特徴です。基礎刺しは約40種類あるといわれ、豊作を願った「米刺し」、大量を祈願する「うろこ刺し」、商売繁盛を願う「そろばん刺し」、他にも「花つなぎ」、「紫陽花刺し」、「杉刺し」などがあります。

刺子刺繍着物

もともと生地を補強するために生み出された刺繍技法であり、刺繍着物でありながら着やすい刺繍技法です。

縦横に張り巡らされた刺繍糸によって帯は締めやすく、着物は着心地がよくなります。また、裾さばきがよく、普段使いの着物として最適な刺繍技法です。

カジュアル向きの刺繍技法で紬の生地との相性はばっちり。全通で仕上げた袋帯も人気です。

基本的に刺子刺繍は波縫いになりますが、繍栄では本返しで刺繍を施すことで、裏表共に引っかかりにくく、ほつれにくく仕上げています。

刺子刺繍のまとめ

  • 日本の東北地方発祥の刺繍技法
  • 江戸時代に農家の方が麻の着物の保温性、強度を高めるために生み出された
  • 本返し縫いで刺子刺繍を行うことで、引っかかりにくく着用しやすい着物となる

他の刺繍技法